トップ   |  

1、あごをマッサージで引き締める

あごの輪郭は顔全体の印象を決定付ける重要な部分。この部分がスッキリしていないと顔全体がたるんだ印象を受けてしまいますし、逆に引き締まっていると小顔に見せることができます。年齢を重ねるとなかなかあごのラインを引き締めるのが難しくなってくるのですが、マッサージでシャープな状態を維持することも可能です。

マッサージはごく簡単にできるのも大きな魅力。代表的な方法としては人差し指と中指を開いた状態であごを軽く挟み、そのまま輪郭をなぞっていく方法です。これを左右それぞれ20回程度行うだけでも輪郭線を引き締めることができます。

あごの輪郭を引き締めるのはなかなか難しいといわれています。筋肉を鍛えるわけにはいきませんし、脂肪を減らすにしても有効な方法がなかなかないからです。しかしこの部分は余分な水分や老廃物が蓄積することによってたるみが生じやすい傾向があります。そのため、軽いマッサージによる刺激でも老廃物を排出させ、引き締める効果が得られるのです。ご紹介したマッサージでも水分や老廃物を流しだすような感覚で行っていくと効果的です。ポイントはあごから耳へなぞっていくこと。耳の後ろにあるリンパ節に老廃物を押し流していく感覚です。

このマッサージならいつでも簡単にできます。外出先、仕事中のちょっとした合間でも無理なくできるでしょう。こうした毎日の細かな対策がの輪郭をシャープに保つ秘訣となります。日々の生活の中で実践してみてはいかがでしょうか。