トップ   |  

10、顔の輪郭がコンプレックスになっているケースも

顔はその人の印象を決定付ける重要な部分。「人間は顔じゃない」といっても、やはり外見がもたらす第一印象を内面で覆すのはなかなか困難です。そのため自分の顔に自身が持てず、コンプレックスを抱いてしまっているケースも多いのです。仲良くなりたい、仲間に入りたいと思っているにも関わらず、自分の外見を見て相手がどう思うのかが不安になってアプローチできない。そんな人も少なくないようです。

とくに輪郭はもとの骨格によって決まることが多いため、メイクなどで工夫する余地が少なく悩みが深くなりがちです。髪型でうまくカバーする方法もありますが、その結果つねに俯き加減になってしまうことも。エラが張っている、顎がしゃくれているといった悩みはとくに大きなコンプレックスになってしまうでしょう。

そんな場合には美容整形も含まれた根本的な対策も必要となるでしょう。プチ整形の普及でだいぶ美容整形に対する抵抗や偏見は少なくなりましたが、まだまだ世間一般の傾向としてマイナス面が見られます。しかしそんな世間の偏見に縛られていつまでもコンプレックスを抱き、消極的な人生しか送れずにいるなら、思い切って施術を受けて悩みを解消した方がよいはずです。幸い、現在の美容整形では骨削り術といった大掛かりな手術だけでなく、切らずに輪郭を変えることができる施術も数多く用意されています。ボトックス注射やヒアルロン酸注入といった方法は効果の持続時間が限られているため、「試しに」やってみることも可能です。コンプレックスを解消することで驚くほど積極的に、明るく振る舞うことができるようになるかもしれません。自分を、人生を変える手段として検討してみてはいかがでしょうか。