トップ   |  

輪郭のプチ整形

プチ整形とは、切開を必要としない、「切らない手術」のことである。痛みや、身体的、金銭的負担などのリスクを最小限に抑え、それなりの効果を挙げる手段として人気となっている。また同じく、美容整形において、輪郭の悩みを持ちこんでくる向きは増えている。輪郭のバランスの悪さは目に付きやすく、少しでも矯正したい、理想に近づきたいという方が少なくない。そんな二つが合わさって、輪郭をプチ整形で矯正しようという動きが高まりを見せている。
一般的なのはヒアルロン酸の注入である。輪郭の気になる部分にヒアルロン酸の注射液を入れることで、全体的なラインを整えることが出来る。また、ヒアルロン酸は体内でも生成できるものなので、アレルギーなどのリスクがなく、鼻や唇などいろいろな部分に必要な分だけ注入することが出来るため重宝されている。さらに、ヒアルロン酸の性質上、肌のスキンケア対策にも効果を発揮する。
ボトックス注射もその一種で、例えばエラが発達してしまった他人のエラに注入し、エラの筋肉を委縮させることで、バランスを整えるというやり方である。ヒアルロン酸注入と組み合わせることで緩急自在となるので、効果が上がる。これらは全て注射液を注入する形であり、切開を必要としないプチ整形である。