トップ   |  

8、整形で輪郭を変える

顔の輪郭線を変えたい場合、最終的には美容整形が必要となるでしょう。リンパマッサージや表情筋トレーニング、あるいは運動による脂肪燃焼といった対策もありますが、輪郭はもとの骨格によって決まる部分が大きいため、これらの方法の効果はどうしても限定的になってしまいます。整形に抵抗を感じている人も多いと思いますが、長年抱え続けてきた悩みを解消できる手段として有力な選択肢となるでしょう。

では現在の美容整形ではどのような方法が用意されているのでしょうか。もっとも根本的な治療方法となるのが骨削り。出っ張っている余分な骨を削ってしまう手術です。輪郭を変える場合にはエラ骨や顎骨の切除がよく行われます。効果の高さでは断然、ただし、顔の印象が大きく変わってしまうことも多いため、事前にカウンセリングなどで手術後の輪郭や顔の状態をしっかりと確認しておく必要があります。あとになって「イメージとは違った」といったトラブルに見舞われないよう、医師との意思疎通が重要になります。

もう少し負担が少ない方法もあります。効果の持続期間が限定されてしまいますが、ヒアルロン酸注入やボトックス注射が人気を得ています。ヒアルロン酸注射は肌にハリを取り戻して引き締める効果や、頬などボリュームをつけたい部分などに使用すると効果的な方法。ボトックス注射は逆にエラなど筋肉が発達している部分に注入することでボリュームをダウンさせることができる方法です。こうした美容整形の選択肢の中から自分の理想の輪郭を得られる方法を探してみてはいかがでしょうか。